職場環境

調理師にも楽な仕事がある?

調理師といえば、美味しい料理を作るために多くの時間や労力を費やす職業として知られています。しかし、調理師にも楽な仕事があることをご存知でしょうか?今回は、調理師においても楽な仕事やその理由についてご紹介します。

洗い物担当

調理師にとって、洗い物は欠かせない作業の一つです。しかし、洗い物担当になることで調理師の仕事は格段に楽になります。なぜなら、洗い物担当は調理や調理器具の管理、調理場の清掃などとは異なり、単調で体力的な負担が少ない作業だからです。

また、洗い物担当は調理のプロセスに携わっていないため、調理のミスやハプニングからも免れることができます。そして、洗い物をすることで調理師たちが次の調理に集中できるように、調理場をきれいに保つことができるというメリットもあります。

デザート担当

デザート担当は、調理師においても比較的楽な仕事とされています。それは、デザートは主菜や副菜と異なり、繊細な味や見た目が求められるため、量産しづらいことが理由の一つです。

しかし、デザート担当になることで調理師のスキルアップにもつながるため、若手調理師たちはデザート担当を希望する人が多いそうです。また、デザートは客にとっては最後の印象となるため、大切な役割を担っているという自負も持つことができます。

キッチンスタッフ

調理師はもちろん、キッチンスタッフも楽な仕事があります。例えば、食材の仕込みや簡単な調理を行うことなどが挙げられます。キッチンスタッフは調理師たちが目の前で慌ただしく動いている中で、比較的自由に作業をすることができるため、仕事に慣れてきたら楽な部分を見つけることができるかもしれません。

理由として考えられること

では、なぜ調理師にも楽な仕事が存在するのでしょうか?その理由にはいくつかの要因が考えられます。

まずは、職場の環境によるものです。料理店によっては、調理師たちが担当する業務を分担することができるため、全ての調理師が同じように忙しくなるわけではありません。また、シフト制で働く調理師の中には、ピーク時の担当が決まっているという場合もあるため、自分の担当時間以外の時間は比較的楽に過ごすことができます。

また、調理師においても役割分担ができるため、それぞれの担当に合わせた業務を行うことができます。例えば、調理師の中には「揚げ物が苦手」という人もいるでしょう。そういった場合、揚げ物の担当を他の人に譲り、自分が得意な調理に集中することで、楽に仕事をこなすことができるのです。

また、楽な仕事であっても、調理師たちの存在は不可欠です。洗い物担当であっても、デザート担当であっても、その仕事をきちんとこなすことで、お店のスムーズな運営を支えることができるのです。

まとめ

調理師にも楽な仕事があることをご紹介しました。洗い物担当やデザート担当、キッチンスタッフなど、それぞれの役割によって楽な部分が存在します。また、職場環境や役割分担によっても、調理師たちは比較的楽に仕事をこなすことができるのです。

しかし、調理師たちが担う業務は、お客様に美味しい料理を提供するために必要不可欠なものです。一人ひとりの役割を大切にし、チーム全体で力を合わせて仕事をすることが、お店の成功につながることを忘れずにいきましょう。

ABOUT ME
carrot
30代。二児の父。 調理師専門学校卒業後、専門店に就職するが想像を絶するハードワークにより1年で退職。 その後、リゾートホテルの調理師として就職するが、ある日うつ病を発症。 会社に行けなくなりそのまま退職。 その後徐々に回復していき、転職活動を再開するが条件のいい会社はことごとく失敗。 それでも諦めず対策と改善を続けた結果。自分に合った職場に就職することが叶う。 このブログではみなさんが自分に合った調理の現場を見つける、そのお手伝いができればと思い日々更新しております。