プロフィール

30代。二児の父親。

何か手に職をつけたいと思い、学生時代に調理師を目指すことを決意しました。

調理師専門学校卒業後、専門店に就職するもそこで調理の現場の現実を突きつけられる。

毎日朝早くに出勤し、日付を跨いでからの帰宅。

そしてまた早朝に出勤するという超ハードワーク。休みも週1日あればいい方でした。

加えて上司から殴られたり蹴られたりするのは日常茶飯で私は毎日辛くて1年で最初の職場を退職してしまいました。

その後、フリーターとして居酒屋やレストランでバイトしながら転職活動をし、リゾートホテルのキッチンに就職しました。

ホテルのキッチンは専門店ほどではないものの長時間労働、低賃金のブラックな会社でした。

そんなブラックな会社でも前回よりはマシだと思いひたすら頑張り続けました。

4年目の夏、日々肉体と精神をすり減らしながら頑張ってる中で私は小さなミスをしてしまい、それがきっかけで鬱状態となりました。

会社に行く気力がなくなりベッドからも出れなくなり、ついには会社も辞めしばらくは自室とトイレを往復するだけの生活が続きました。

自分なんかと責める毎日、先の見えない未来への不安。そんな負の感情が私の中を常にぐるぐると周り、食欲もなくなり痩せていきました。

しかし家族の献身的な支えもあり、徐々に食事も取れるようになりなんとか回復していきました。

そして転職活動も再開できるようになり、次こそはホワイトな職場で働きたいと思い、条件がいいところを片っ端から応募しましたがことごとく失敗。

途中で何度も挫折しそうになりましたが周りの応援もあり、不採用通知が届いても諦めずに対策と改善をかかさず行い進み続けた結果、ホワイトで自分に合った会社に入社することができました。現在では結婚し子供との時間もとれています。

職場の事で悩んでいる調理師の皆さんに伝えたいことは、辛ければ無理せず逃げる事も大切です。

無理をしすぎて私のように身体を壊す前に、どうかその場から逃げる勇気を持ってください。

仕事をすぐ辞めるというのはマイナスなイメージがあります時にはそれは有用な手段でもあります。

調理の現場では他にも条件の良い自分に合う職場は必ずあります。

ですが、転職活動で手を抜いてしまうと自分に合う職場が見つかっても入れない場合がありますので、転職活動だけは苦しくても手を抜かず全力で向き合うことをおすすめします。

自分に合う職場を見つけるお手伝いができるよう、このブログは日々更新しておりますのでこれからどうぞよろしくお願いします。