職場での悩み

ホテルの調理師の休みは多い?

ホテルの調理師は、一般的に繁忙期を除いて比較的多くの休暇を取ることができます。ただし、ホテルの規模やシーズンによって異なるため、実際の休みの数やスケジュールには個人差があります。

ホテルの調理師の仕事内容

まず、ホテルの調理師がどのような仕事をするかについて説明します。ホテルの調理師は、レストランやバンケットなどで料理を担当することが一般的です。そのため、日々多くの食材を仕入れ、調理していく必要があります。また、メニューの開発やプレゼンテーションにも関わるため、食材選定や料理のアレンジなどのクリエイティブな仕事もあります。

このような仕事内容のため、ホテルの調理師は一般的に休日や夜間勤務が多く、体力的な負担も大きいとされています。しかし、最近ではホテル側も、従業員の健康面や働きやすさに配慮して、休暇制度の充実や労働時間の短縮など、改善に取り組んでいるところも増えています。

ホテルの規模によって異なる休みの数

ホテルの規模によって、調理師の休みの数やスケジュールが大きく異なることがあります。大規模なホテルでは、調理師が複数いる場合が多く、それぞれのシフトによって休みの調整が行われることがあります。また、シーズンによっては、休みが少なくなることもあります。逆に、小規模なホテルでは、調理師の数が限られているため、休みが多いことがあります。

一般的に、ホテルの調理師は週休二日制を取り入れていることが多く、年間休日数も比較的多い傾向にあります。さらに、ホテルによっては、有給休暇や特別休暇、夏季休暇など、さまざまな休暇制度を設けていいます。そのため、ホテルの調理師は、多くの場合、休暇を充分に取ることができます。

繁忙期の忙しさと休暇

ただし、ホテルの調理師は、繁忙期には比較的忙しくなります。特に、大型イベントや観光シーズンなどは、ホテル全体が混雑するため、調理師にも多くの仕事が発生します。この時期は、休みが少なくなることがあります。

また、ホテルの調理師は、夜間勤務が多いため、休暇を取る際には、シフト調整が必要になることもあります。そのため、休暇を取る際には、事前に周囲と調整をする必要があります。

ホテルと個人店の休日数の違い

ホテルの調理師は、多くの場合、週5日勤務で週2日休暇が与えられます。また、大型ホテルでは年間休日数が120日以上となることが一般的です。ホテルは24時間営業しているため、調理師を複数配置して、1人あたりの勤務時間を短縮しています。そのため、休日数も多く設けられています。

一方、個人店の調理師は、週6日勤務で週1日休暇が与えられる場合が多いです。また、年間休日数は、店舗によって異なるため、店舗によって差があります。個人店は、小規模なため、調理師の人数も少なく、休日を増やすと経営に悪影響が出るため、休日数を減らすことが多いです。

そのため、ホテルの調理師は、休日数が多く、プライベートな時間を確保しやすいといえます。しかし、個人店の調理師は、少ない休日数の中で効率的に仕事をこなす必要があります。個人店はアットホームな雰囲気で、調理師とお客様との距離が近く、自由度の高い料理を提供することができます。

以上のように、ホテルと個人店の休日数には違いがあります。どちらも特徴がありますので、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

まとめ

ホテルの調理師は、一般的に多くの休暇を取ることができますが、ホテルの規模やシーズンによって異なるため、個人差があります。また、繁忙期には、忙しくなるため、休みが少なくなることがあります。しかし、ホテル側も、従業員の健康面や働きやすさに配慮して、休暇制度の充実や労働時間の短縮など、改善に取り組んでいるため、ホテルの調理師がより働きやすい環境が整っていることも多いです。

ABOUT ME
carrot
30代。二児の父。 調理師専門学校卒業後、専門店に就職するが想像を絶するハードワークにより1年で退職。 その後、リゾートホテルの調理師として就職するが、ある日うつ病を発症。 会社に行けなくなりそのまま退職。 その後徐々に回復していき、転職活動を再開するが条件のいい会社はことごとく失敗。 それでも諦めず対策と改善を続けた結果。自分に合った職場に就職することが叶う。 このブログではみなさんが自分に合った調理の現場を見つける、そのお手伝いができればと思い日々更新しております。