年収

調理師の平均年収が低い理由

こんにちは。今日は、調理師の平均年収が低い理由について考えてみたいと思います。調理師という職業は、食べ物を作るという重要な役割を担っていますが、なぜか給料があまり高くありません。実際に、厚生労働省の統計によると、調理師の平均年収は約300万円で、全体の平均年収(約440万円)よりも140万円も低いです。これはどうしてなのでしょうか?

調理師の平均年収が低い理由

私は、調理師の平均年収が低い理由は、主に以下の3つだと考えています。

1. 調理師の需要と供給のバランスが崩れている

2. 調理師のスキルや経験が評価されにくい

3. 調理師の労働環境が厳しい

まず、調理師の需要と供給のバランスが崩れているという点です。日本では、食べ物に関する多様なニーズが高まっています。例えば、健康志向やアレルギー対応、ベジタリアンやハラルなどの特定の食事制限を持つ人々が増えています。また、外食や宅配、コンビニなどの食事の選択肢も豊富になっています。これらのニーズに応えるためには、調理師が必要です。しかし、一方で、調理師の供給は減少しています。調理師になるためには、専門学校や大学で料理を学んだり、修行を積んだりする必要がありますが、その費用や時間はかなりかかります。また、調理師として働くことは、体力的にも精神的にも大変です。そのため、調理師を目指す人や続ける人が少なくなっています。このように、調理師の需要と供給のバランスが崩れていることが、給料が低く抑えられる一因だと思います。

調理師のスキルと経験の評価における課題

次に、調理師のスキルや経験が評価されにくいという点です。調理師という職業は、技術や知識だけでなく、感性やセンスも重要です。しかし、これらのスキルや経験は、客観的に測定したり比較したりすることが難しいです。例えば、同じ料理でも、人によって味や見た目や香りなどの感じ方は異なります。また、同じレシピでも、材料や調味料や火加減などの微妙な違いで仕上がりが変わります。このように、調理師のスキルや経験は個人差や状況差が大きく影響します。そのため、調理師の能力を正しく評価することが難しくなっています。また、調理師は自分の作品を直接客に見せることができません。料理は、厨房からテーブルに運ばれる間に冷めたり崩れたりすることがあります。また、料理の味や雰囲気は、客の気分や好みや期待などによって変わります。このように、調理師は自分の作品の評価を受ける機会が少なくなっています。このことが、調理師のスキルや経験が十分に報われない一因だと思います。

調理師の給料が低い背後にある厳しい現実

最後に、調理師の労働環境が厳しいという点です。調理師は、長時間・高温・高圧の環境で働くことが多いです。例えば、調理師は一日に何百人もの客の注文に応える必要があります。そのため、休憩や食事の時間が取れないこともあります。また、調理師は火や油や刃物などの危険なものを扱うことが多いです。そのため、やけどや切り傷などの事故に遭うリスクが高いです。さらに、調理師は厳しい上下関係や競争やクレームなどのストレスにさらされることも多いです。そのため、心身ともに疲労や病気になりやすいです。このように、調理師の労働環境は厳しいことが多く、それが給料に反映されていない一因だと思います。

以上のように、私は調理師の平均年収が低い理由は、調理師の需要と供給のバランスが崩れていること、調理師のスキルや経験が評価されにくいこと、調理師の労働環境が厳しいことだと考えています。これらの問題を解決するためには、調理師の教育や就職やキャリア支援を充実させたり、調理師の社会的地位や待遇を向上させたりする必要があると思います。調理師は私たちの生活に欠かせない存在です。私たちは調理師の仕事をもっと尊重し、応援しましょう。

ABOUT ME
carrot
30代。二児の父。 調理師専門学校卒業後、専門店に就職するが想像を絶するハードワークにより1年で退職。 その後、リゾートホテルの調理師として就職するが、ある日うつ病を発症。 会社に行けなくなりそのまま退職。 その後徐々に回復していき、転職活動を再開するが条件のいい会社はことごとく失敗。 それでも諦めず対策と改善を続けた結果。自分に合った職場に就職することが叶う。 このブログではみなさんが自分に合った調理の現場を見つける、そのお手伝いができればと思い日々更新しております。